読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかんぴん

お前の話は長いねん。ただのバラエティです。

気が利く人と気が利かない人に年齢は関係ない

叱られそうで誰も書かなそうな話題を。

 

昨日の昼間、宝くじ売り場にて。

f:id:nonogray:20140516081319p:plain

『お調べしますね。』

『50枚残念ですけど全部ハズレです。』

f:id:nonogray:20140516082047p:plain

おじいさんの番が来て。

『今の人だいぶ時間掛って長かったねぇ。』

『全く!後ろの人の事も考えて欲しいよ!』

『気が利かない人が多くって困るよ!』

f:id:nonogray:20140516082805p:plain

そして。

『どんな種類が売ってるの?』

『バラってなぁに?いつ発表なの?』

『・・・?』『・・・?』の質問ばかり。。。

待つ事、たぶん7分弱くらい。(大汗)

 

さっき言ってましたよね?

『全く!後ろの人の事も考えて欲しいよ!』

『気が利かない人が多くって困るよ!』

。。。って。(大汗)

 

歳をとると身体が不自由になって

動きがスローになるのは十分にわかる。

(この前、私もギックリ腰やったからね。)

えぇ。普段、喋らないという寂しさから

こんな買う時に会話したいのもわかりますよ。

(私だって仕事以外の休日は誰とも喋れない

喋らない、ぼっちの時間も多々ありますよ。)

 

でもね。コッチも短い昼休みなんだ。

おじいさんに(たぶん)7分弱も奪われたのだよ。

私の購入時間は決めてあるのでわずか20秒くらいだよ。

『小っちゃい人間だね。』って叱られるかもだけど。

『途中で。待ってるんですけどと何故言えない?』

とつっ込まれそうだけど、

100歩譲ってせめて、

この台詞をこのじいさんから聞きたくなかった。

『全く!後ろの人の事も考えて欲しいよ!』

『気が利かない人が多くって困るよ!』

 

老害とかいう言葉がありますが、この場合は違う。

歳をとったから視野が狭くなるとか。

脳の働きが遅くなってという事ではないような気がする。

ご年配、結構な御高齢のお年寄りの方の中にも

気を使う人は本当に気を使う。

気が利く人と気が利かない人に年齢は関係ない。

状況や周りの人の事を過剰なまでに気にする人と

いけ図々しいくらい自分しか見えてない人は

年齢関係無くたくさんいる。

 

前にこんな事があった。

昼時にサラリーマンやら学生、職人さんも

昼ご飯を買おうとごったがえすコンビニ。

店員パートのおばさんは二人、レジもふたつ。

レジがだいぶ並んでいて、一人の店員さんが

おばぁちゃんにずっと取られてる。

見ると電気代やらガス代やら諸々の

たくさんの支払いをしている。(汗)

えぇ、いいのですよ。

個人がどのタイミングで払おうと良いと

思うのですよ。

そんな事は誰にでもある勝手です。

いや待て。私の思い違いかも知れない。

そのおばぁちゃんにとっては、

その昼時しかコンビニで支払えないのかも

しれない。

大人なんだから、

そんな事でイライラしてはいけない。

それこそ、心が狭いし小さいというもんだ。

と思って並んでいたら、

短く貴重なお昼休みにお昼ごはんを買いに来た

他の並んで待つ客たちの視線はイライラとともに

そのひとつひとつ質疑応答を

繰り返すおばぁちゃんの背中に向けられる。

その沈黙の感情が私にもピリピリと感じた。

伝染したそのイライラ感は一体感となり

次にそのおばぁちゃんを相手にしている

コンビニのパートおばさんにオイオイ!という

無言の冷たい視線攻撃が始まる。

 

コンビニのパートおばさんは焦っている。

凄く焦っている。

汗も鼻水も撒き散らしそうなぐらい焦ってる。

並んで待ってる多くの客と目が合わないようにしてる。

ある意味、焦りながら固まってしまっている。

もうひとつのレジのおばさんも加速装置を使い

たくさんのお弁当を温めながら

こめかみの血管が切れそうなぐらい

スピィーデーに超人のように客をさばいてる。

 

どうやら終わったようだ。

おばぁちゃんは

ゆっくり鞄の中にハンコを押された

領収証をしまう。

 

皆が安堵した。これで順番が早く回ってきて

会計が済ませると。

 

おばぁちゃんがパートおばさんにお礼を言う。

『いろいろと手間掛けてすみませんねぇ。』

終わった。とにかく終わった。

私も思った。並んで待ってる他のお客も

そう思ったに違いない。

 

すると、おばぁちゃんが続けて

パートおばさん店員に言う。

『外に重い荷物持ってきてるのよ。

宅急便で出したいから手伝ってくれる?』

 そのコンビニにいる全員が多分、絶句した。

 

 

私が老人になった時の為に言っておきます。

温かい目で見てやってください。

これからもっと多くなるかもしれませんが。

高齢者を大切にしましょう。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする